『丹波の黒豆』の秘密

k_sub27-14-01

~黒大豆『作州黒』~
岡山県の黒大豆(丹波種)は県北部を中心に栽培されており、その生産量から、全国でも有数の産地の一つとなっています。 勝英地域で採れる大粒の黒大豆を「作州黒」と名付けてブランド化を図っており、味の良いのが最大の魅力です。
JA勝英では、この「作州黒」の普及に力を入れており、作州黒を使ったお茶や枝豆など、バリエーション豊かに展開し、黒豆の魅力を全国にアピールしています。

(画像・文章引用元:勝英農業協同組合HP)

k_sub27-14-02

~作州黒こだわりのポイント~
美作市では一部の丹波黒大豆を、
「指定の有機質肥料のみを使い」
「農薬の使用は最低限に削減」
「除草剤は使わない」
「害虫は手取り駆除」
「株切り後の乾燥は必ずはぜ干し自然乾燥」
「脱粒後の乾燥は必ず日陰自然乾燥(乾燥機は絶対使わない)」
などすべてにおいて手作りの栽培をしています。

(画像・文章引用元:勝英農業協同組合HP)

k_sub27-14-03

~買ってみて!食べてみて!作州黒商品~
作州黒を使った加工品はたくさん!
詳しい商品情報は勝英農業協同組合HP
(http://www.ja-shoei.or.jp/tokusan/kakou.html)
をご覧ください!

(画像引用元:勝英農業協同組合HP)

k_sub27-14-04

~作ってみて!食べてみて!作州黒レシピ~
もっと作州黒を食べたい!でもレシピが思い付かない…。
そんな方は道の駅彩菜茶屋HP
(http://www.sai2.jp/item/sp_kurodaizu/)
を是非ご参考下さい!

(画像引用元:道の駅彩菜茶屋HP)