勝央金時太鼓

kintoki

勝央金時太鼓は、勝央町ゆかりの武将・坂田金時の生涯を太鼓で表現するために、昭和61年に創作された太鼓です。

勝央金時太鼓保存会について…

「源頼光四天王の1人武将坂田金時の武勇を顕彰して昭和61年に創作された太鼓です。

和太鼓を通して郷土の芸能文化の伝承と創造を行い、音楽を通した文化交流と親善を深めつつ、明るく豊かな郷土づくり、人づくりに寄与することを目的に演奏活動を行っています」

(勝央金時太鼓保存会公式Facebookより引用)