横仙歌舞伎

k_sub20-01-02
横仙歌舞伎は、江戸時代以来、途絶えることのない伝統を誇る団体です。
奈義町の地歌舞伎(地下芝居)は、明治から、昭和初期にかけて大流行をします。町内の各神社の境内には舞台が建てられ、春秋の祭りには必ず村人の手により歌舞伎が演じられ、歌舞伎舞台は奈義町内だけでも十数棟を数えました。
地歌舞伎はたいてい夕方から上演され、人々は酒肴を持ち寄り、夜遅くまで楽しみ、若者たちは出会いを求めて各地の神社を渡り歩きました。

横仙歌舞伎保存会公式HPより引用)

シェアする

フォローする